株式会社タレントアンドアセスメント

〒105-0003 東京都港区西新橋3-13-7 VORT虎ノ門south
TEL 03-6435-8621 FAX 050-3730-7358
Home会社概要企業理念事業内容アクセス会社概要

新着情報

日本人材ニュース 2017年1月号の「新卒採用動向レポート」のコーナーに、弊社代表山﨑のコメントが掲載されました。

2017/1/11(水)

日本人材ニュース 2017年1月号(1月10日発行)の「新卒採用動向レポート」のコーナーに、弊社代表山﨑のコメントが掲載されました。

経営者・採用担当者の皆さまにお読みいただけますと幸いです。

 


「質」を意識した選考方法の再構築が採用成功の可否を握る

18年卒採用のトレンドとしては、17年卒採用より増してインターンシップを取り入れる企業が多くなる見込みです。
経団連が定めている会社説明会の解禁時期(6月)よりも前に、他社に先駆けて少しでも多くの学生を囲い込みたいと目論んでいる企業の意図が見えます。

また、依然として人材の不足感は満たされておらず、18年卒採用も採用数は増加傾向にありますが、17年卒採用は採用数の「量」を意識したばかりに、選考基準を落とし採用数の確保を優先した企業が少なくありませんでした。
そのため、「質」に対する満足度は、前年度よりも低い結果となりました。
18年卒採用は「質」を意識した選考方法の構築が成功の可否を握ると思われます。

17年卒採用では、大多数の学生が情報源のツールとしてスマートフォンを利用するという結果になりました。
情報源として利用しているメディアの接触率は、インターネットが80%を超え、テレビや新聞といったメディアでの接触率は著しく減少しています。

また、企業と同様に学生のインターンシップに対する意識が高まっており、参加者数は年々増加傾向にあります。
学生は「自分のやりたいことができるか」ということを重視しており、実際に体験することで企業選択のミスを防ぎたいという意識が強くなっています。
実際にインターンシップに参加した学生は、参加した企業の採用選考を受ける割合が7割を超えており、志望動機につながる重要なファクターとなっています。

採用において重要な指標は、「質」と「量」の確保です。
しかし、ほとんどの企業において、「量」における目標はあっても、「質」に対する明確な基準を持ち合わせておらず、事実上、肌感覚で捉えて採用の合否を決定しています。
多様化が進んでいく中、優秀な学生を目標人数集めるためには、いかに競合他社に先駆けて、採用基準をメソッド化(定性的かつ定量化)し、要件定義されたタレントマネジメントを戦略的に構築できるかが成功の可否を握っていると言えます。


copyright © talent and assessment Inc. all rights reserved.